ツボ押しによるバストアップ

MENU

手軽にできるツボ押しは身につけたいバストアップ法

ツボ押しは手軽に自分でできる身体法の一つですが、体の不具合を改善したり予防するだけではなく、安堵インパクトや美肌・美容髪効果も期待できます。
しかたは全身にあるため、特定のしかたを刺激することで、体の懸念の射光にも役立ちます。
バスト強化の効果が期待できるしかたもあるので、バストが乏しい他人にもツボ押しはおすすめです。
ツボ押しとバスト強化は見た目関係がないように思えますが、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す効果があるしかたを刺激することで、血行が良くなると一気にリンパの空気も良くなり、柔らかく弾力のある胸を作ります。
胸は主に乳腺と脂肪でできていますが、豊かな胸を定めるポイントは乳腺を刺激し、発達させることです。
エストロゲンが分泌されるといった、乳腺が発達するので、バストを大きくする効果が期待できます。
ツボ押しのシロウトも分かりやすいバスト強化に効果のあるしかたをご紹介します。
壇中(だんちゅう)は、影響の胸の間に残るしかたで、押すと少し痛苦を感じます。
人差し指と中指でゆっくりと押し、少し痛苦を感じた時点で5秒保ち、じりじり力を抜きます。
これを5回繰り返します。
このしかたは、エストロゲンの分泌を高め、リフレッシュや表皮を素晴らしくする効果があります。
次は、乳腺を刺激する天渓(てんけい)です。
影響の乳首に親指を置き、そのまま横にかけて正直スライドさせると、胸と横の境目に当たります。
そこに起こる骨という骨の間に生じるしかたが天渓で、少し押すと痛苦を感じます。
親指で以下から押し上げるように影響のしかたを一気に負荷します。
ゆったり押して、5秒持ち、ゆったり離すという活動を5回繰り返します。

渕腋(えんえき)は、乳首から約10p上っ面にあり、腋の下に位置します。
天渓とよく似た取り付けにありますが、渕腋は天渓よりも下にあります。
表皮にハリを加えるので、バストにもハリが出てきます。
また、身構えを良くするインパクトもあるので、良い胸を決める助太刀になります。
天渓と同じように、ゆっくりと親指で負荷を与えます。
ツボ押しは、きつく押した方がインパクトが高まるわけではなく、逆にストレスになる場合もあります。
ですので、気持ち良いと感じるくらいの気遣いで行いましょう。
そして、何よりも継続することが、望むインパクトを実感できるポイントになります。
ツボ押しを慣習として、豊かで可愛いバストを手に入れましょう。