赤ちゃんに母乳をあげるとバストが萎むのか?

MENU

母乳を与えることでその後バストが萎む原因になるのか

女性が持ちやすい疑問として赤ちゃんができた場合、母乳を与えたら、粉ミルクで育てるよりも、その後バストに与える影響が違うのか?ということです。

 

もちろん、それがどちらであっても、我が子の健康が一番なので、仮にバストが萎む原因になるから粉ミルクを上げますという自分本位なお母さんはいないと思いますが、参考程度に・・・。

 

結論から言うと、母乳で赤ちゃんを育てたからといって、その後バストが萎む原因になるということはありません。

 

まずバストが断乳後、へちまのように萎んだという方はいるかと思いますが、それは母乳を与えた影響ではなく、女性ホルモンの影響だということを知っておいてください。

 

女性ホルモンが分泌されやすい、妊娠中や授乳中はバストは大きくなりやすいですが出産後から卒乳するころにはと女性ホルモンの分泌は妊娠前と同様レベルまで減ることを認識しておく必要があります。

 

また、出産後、卒乳後に胸の形が崩れたという方は、マタニティライフの時、もしくは出産後授乳中時に、クーパー靭帯を傷つけてしまった可能性があります。

 

クーパー靭帯はバストを支えている靭帯です。切れてしまうと元に戻らないと言われています。

 

マタニティライフの時にバストが大きくなってくるために、家の中ではノーブラなどで過ごす方も多いかと思います。決して締め付ける必要はありませんが、軽く支える程度のマタニティブラでクーパー靭帯などを守りましょう。

 

また、出産後育児に追われて余裕がないかもしれませんが、手軽にできる大胸筋トレーニングなどを空き時間に行うなどするとバストの下垂を防ぐことにつながります。

 

また育児などのストレスで女性ホルモンがスムーズに分泌されず、バストがしぼんでしまっている人は、ぷるるん女神などのバストケアサプリを飲むのも一つですよ。